ランキングサイト

  • にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
  • にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
  • 人気ブログランキングへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

「リーフ」なモノたち

2012年3月25日 (日)

らしくなりけり

おととし、いわき市のスーパーのガチャガチャでタネをゲット したサボテン「金鯱(キンシャチ)」。
さすがに2年経つとサイズは小さいながらもサボテンらしさが増してきてるのであった。

120319kinshachi
ちなみに後ろの花は以前の記事のとは別株のムシトリスミレ。

成長の差が激しいのも不思議だが それはさておき、
身の丈と同じくらいに突き出したトゲが
「頑張ってる感」
を醸し出していてココロに響く。

ついでに、てっぺん付近のトゲの角度が なんとなくハルキゲニアを思い出させるのも愛おしかったりする。

ココまでくれば滅多なことではダメになったりしないだろうとは思うが、末永く元気に育ってほしいモノである。

   

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。
写真はクリックすると拡大します。
容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
このへんクリックされると喜びます♪

2012年1月12日 (木)

100円ゴムノキ新ステージ

近所の100円ショップで何の気なしに買って来てから、
もうかれこれ5年ちかくなるか・・・?
すっかり大きくなった「100円ゴムノキ」はしかし、
野放図に育ちすぎて邪魔でしょーがなくなっていた。

111114gum01

*ちなみに初々しかった頃の姿はココらへんで・・・

最大の欠点は根元近くから新たに伸びてしまった枝。
コイツが伸びるに従って主幹のほうもバランスをとろうとしてか、ひん曲がってきちゃったのである。

カーテンの開け閉めの度に邪魔になるのに業を煮やし、
昨年の11月半ば、ついに切除!

111114gum02

あー、スッキリした♪

 

111203gum

ところで、残した枝の反対側には赤く小さい芽が。

111217gum

ひと月ほど経過。だいぶ伸びてきた。
はたしてコレは葉っぱだけなのか、それとも幹か?

120105gum

更に2週間ほど経過し、小さな葉っぱを確認。

120111gum

1/11の様子。うむ、コレはまちがいなく幹!

しかしこのまま新しい幹が育ったとして、やっぱり左右にひろがった邪魔なスタイルになる訳で・・・

果たしてこの先の方針はどうすべきなのか?
(やっぱり考えずに切ってたのか!)

   

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。
写真はクリックすると拡大します。
容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2011年6月29日 (水)

ほねかわすじえもんと「暁の峰」

おもひやる かのうす青き 峡のおくに
われの生まれし 朝のさびしさ

110628dasyphyllum

「遊び場」の裏側の土留めにしてたセダムの花もどんどん開いてきたのだが、この様子から上記の牧水の歌を思い浮かべると云う能天気な飛躍ぶりはワタシにしかできない芸当なのではないかと思ったりして・・・

能天気というコトバも最近はあまり聞かないが、
昨日駅前で聞いた
ホネカワスジエモン(骨皮筋右衛門)」
というコトバは実に数十年ぶりのような気がする。
もちろん、発してたのはおばーちゃんである。
先日の放射能とハゲのハナシもそうだったし、
梶が谷駅前はどうやら古語の宝庫のようである。

で、

セダムの花もちっちゃいが(え、そこへ戻るか?)
それ以上にちっちゃく咲いてるのが多肉(クラッスラ)「暁の峰」の花である。

110619taniku

はっきり言って肉眼ではよくわからないぐらいの小ささである。

拡大するとこんな感じ。

110628akatsukinomine

さらに拡大。

オシベの黄色と黒のカンケーがイマイチよくわからないのであった。花粉が黒いのか?

110628akatsukinomine02

・・・どっかのブログでこの花がとっても臭いと書いてあったが、ワタシには全然わからなかった(傍らで咲いてたサンセベの花の匂いにも気付かなかったぐらいだからなあ)…

匂いどころか、ちっちゃすぎて咲いてるコトさえ忘れられちゃう可哀想な花なのであった。

   

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。
写真はクリックすると拡大します。
容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2011年6月10日 (金)

放射能

以前に、ヘンなカタチの花序があらわれた 我家のアンスリウムだが、なんだかまたヘンなコトになっている。

110605anthurium

ひとつの茎から2つの花序が・・・!
よくみると赤い苞(ホウ)もフツーサイズの他にもういっこミニミニなのが手前にちょこんと飛び出してるのであった。

前回も「なんだか悪い物質でも漂ってるんじゃないか」と心配になったが、今回は原発事故のあと。「まさか放射性物質の影響??」なんてコトをついつい思ってしまう。

もちろん、報じられてる通りであればウチの植物に影響が出るようなコトはないのだが、何せワタシがモノゴコロついたころは冷戦まっただ中、平気で地上で核実験してた時代である。
雨が降ってるのに傘ささないと「放射能でハゲる」といわれたモノだ。禿げる程度で済めばまだマシで、思えばずいぶん長閑な心配だった。

これまで3度ほど街なかで「禿げる」ハナシを聞いたが、いずれも「むかしは放射能浴びると禿げるって言ってたよなー」と回顧する推定60歳以上。ワタシとはずいぶん隔たりがあるハズなのに同じ感慨とは・・・己の感覚の古さに戦慄するワタシなのであった。

   

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。
写真はクリックすると拡大します。
容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2011年2月 6日 (日)

Blue (&) Gene

ネットで見かけたニュース。

ミジンコ遺伝子3万1千個、人間を大きくしのぐ

【ワシントン=山田哲朗】湖水などにすむミジンコが約3万1000個もの遺伝子を持つことが分かり、米インディアナ大を中心とする国際チームが4日付の米科学誌サイエンスで発表する。

 人間の遺伝子は約2万3000個に過ぎず、ミジンコの遺伝子はこれまでゲノム(全遺伝情報)が解読された動物の中で最多となる。研究チームは、甲殻類では初めてミジンコのゲノムを解析した。ゲノムのサイズは人間の7%程度にもかかわらず、たんぱく質を作り出す遺伝子はぎっしりと詰まっていた。

 ミジンコは、有性生殖と、自分のコピーを作る単為生殖を使い分けたり、魚など捕食者が出す化学物質を探知して防御のトゲを増やしたりして、環境に適応する。遺伝子の多さはこうした適応能力に一役買っている可能性があるという。
(2011年2月5日15時05分  読売新聞)

・・・ゲノム解析というのはホントに面白い分野だなあ。
と、こう言う記事を読む度に思う。

110111aoimi

ことしも青いキレイな実をつけた玉竜。
コレも旧分類ではユリ科 (Liliaceae) だが、
ゲノム解析に基づいて構築されたAPG植物分類体系ではスズラン科 (Ruscaceae)である。

おかげでかつてはリュウゼツラン科(Agavaceae)だったサンセベリアとも めでたく同じスズラン科どうしになったという訳で・・・

といったコトを、ほんの数秒で次々に知る事ができるんだから便利な時代だなあ(と数年前にも全く同じよーな感想を書いたな)。

こんなに便利な時代なら、そろそろ傘に替わるお手軽雨具が普及して欲しいものだ。
某工務店のCMの「熱意の傘」みたいなヤツ!

(宣伝したい訳ではないが知らないヒトの為に

110122tama

青空バックで撮った青い実写真見つつそんな事を思う、
そろそろ晴れの日続きの日々も終わるかな?な南関東在住のワタシなのであった。

   

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。
写真はクリックすると拡大します。
容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2011年1月24日 (月)

アンスリウムだってウチでは・・・

110122anthurium

しばらく更新できずに放置してたらツマから
「画面が地味でイヤだからさっさと更新するべし」
との命令が。

しかし今は真冬。
そんなにハデな写真が転がってる訳ではないのだ。

「まあコレなら赤黄緑と派手だからよかろう」
と選んだのがこのアンスリウムなのであった。

 
 
・・・ところでこのアンスリウム、
花のカタチがヘンなのである。

アンスリウムの赤いトコは正確には花ではなく苞(ホウ)で、黄色いトコが花(肉穂花序)なワケだが、その、花のカタチがナゼか2パーツに分かれてしまってるのである。しかも片方は発生初期の手のひらみたいに先分かれしかかってるのであった。

色々とヘンな咲き方をする事の多い我が家であるが、
アンスリウムまでもがヘンテコな咲き方をするとは
「なんだか悪い物質でも漂ってるんじゃないか」
などと、我が家の環境ソノモノに
よからぬ想像をしてしまいたくもなるのであった。
 
 

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。

写真はクリックすると拡大します。

容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2010年11月30日 (火)

100円ゴムノキたちのその後

10月に発根不足気味にも拘らず取り木してしまった
100円ゴムノキ。

もう枯れるのを待つばかりかと覚悟していたのだが、
意外にもまだ頑張っている。

101123gum
セッティングとかせずに撮ったのでごちゃごちゃしてるが、赤く囲ったトコがゴムノキ部分である

この写真ではわかんないけど、頂部の芽も育ってきてるので、どうやらこのまま持ちこたえそう。
逆に、生き延びるかと思われた脇芽の挿し木の方は早々に枯れ込んでしまった。なかなか予想通りにはいかないものである。

ついでに、8月の暑さに負けたっぽい多肉たちも...

101123fukkatsu01

熊童子(真ん中の切り株みたいなの)はどうやらダメっぽいけど、デビーのほうは涼しさが増すとともに復活してきた。これも一時は丸裸だったのである(でもなんか前と雰囲気が違う…)。

101123fukkatsu02

同じく、ムシトリスミレも不調を乗り越えて元気を取り戻したっぽい。

(ムシトリスミレは、明るいキミドリの花びらみたいな葉っぱ3鉢。手前とかの2鉢はガチャガチャで取ったサボテン「金鯱」、左奥の多肉は なんか他のに紛れてやってきたヤツ)

やっぱり真夏の窓辺はハードすぎたと云うコトか・・・。
でもとにかく復活してくれてよかったあ!

来年はもう少し光の加減とかも解って きちんと育てられるかなー。
 
 

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。

写真はクリックすると拡大します。

容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2010年10月13日 (水)

止めどなき後悔の念(Επιμηθεύς)

大きな声では言えないが(といいつつ、原理的には全世界へ向けて言い放ってるのだが)、ものすごーく後悔してるのである。

なんであんなコトしちゃったんだろう???
魔が差したとしかいいようがない!!!!!


…それは、100円ゴムノキの取り木の件である。


7月の後半に環状剥離をして発根を待ってたのだが、
半月ぐらい前に根が見えてきたので、
いよいよ取り木を決行する事にしたのである。

まわりに新聞紙を敷いて、樹脂がこぼれても平気なように準備万端整えた上で、巻いてたラップをはがしにかかった。

「…ん?」

あらためて見てみると根が見つからない。
おかしいなあ、
前に見たときはあったハズなんだけど…

101012gum01

そーっと水苔をかきわけて中を見ると、
剥いた芯のトコからひょろっと1本だけ根がでてるのは見えた。

・・・この時点で踏みとどまっていればよかったのだ!
ココで「あれぇ??」と、もう一度手引きをあたれば…

あとで調べてみたら、この状況は限りなく失敗である。
剥き方が足りなかったのか、発根よりも樹皮の再生へ向かってたようなのである。

が、そのときのワタシは
「もうこのままいっちゃえ!」
と、取り木を断行!!!


101012gum02

この葉っぱの量に対して、髪の毛数本程度の根っこでは、見合う訳がないではないか??
・・・と、いまは思うのだけど、
そのときは何も考えてなかったのであった。

しかも、鉢底のネットが根っこに埋もれてわからなくなってたので、中身だけ抜いてすぐ植替え用に流用した鉢のほうには底敷きのネットはナシ。これまたちょっとイヤ〜な不安材料なのであった。

101012gum03

今回切った脇芽を挿した2鉢のほうがまだ生存可能性はあるかなあ…
とにかく今は暗澹たる思いでいっぱいの、
後から煩う者…エピメーテウスなワタシである。
 
 

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。

写真はクリックすると拡大します。

容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2010年8月25日 (水)

カラカラ

今年もまた、やってしまった。

100823gi

ミニバラ「グリーンアイス」、
水切れで葉っぱも枝もカラカラ!

写真は、カラカラ発覚後泣きながら水やりした次の日の朝撮ったモノ。
株全体が無惨に変色してるものの、まだハリのある葉っぱもあるようなので、なんとか完全枯死だけは免れたんじゃないかと思うのだが…
今年は例年よりずいぶんマメに水やりしてたつもりなのだが、読みが甘かったか??

関係ないが「カラカラ」というと自動的に「浴場」というコトバがセットで浮かんでくるけど、カラカラとかその弟のゲタとか、ちょっと皇帝にはあるまじき名前だな、と常々思うのであった。

 
 
そして、悲劇は部屋の中でも起きていた。
 
 

100823kuma

ほぼ一日中陽射しを受け続ける窓辺に置いてあった多肉の「熊童子」が、ポトポトと葉を落として骨だけな姿に!

落ちた葉っぱはこれだけではない。横のティッシュの上にある分の倍ぐらいを、直前にゴミ箱に捨てているのである。
同居してるデビーの方は熊ちゃんと違って元気そう。
デビーは落ちてた葉っぱから育った「ひろいもの」(だから「デビー」というのも推定なのだ)だが、やっぱ丈夫なのね!

窓辺の鉢は触ってみるとどれもアツアツ。
この春買ったムシトリスミレもかなりヤバい状態。

100823mushitori

一番手前の、溶岩に植え付けたヤツは既にミイラ化、
真ん中のコドモたちと奥(左)の親株も、
なんだか半分煮込まれてるよーな雰囲気である。

ちなみに春にはこんな感じだった。 
       ↓
100209mushitori01

100209mushitori02

・・・うーむ、ぜんぜん成長してないなあ。

あっ、もーひと鉢、窓辺の多肉が…!

100823tanikus

うーん、アツアツにはなってるけど、
たいしてダメージは受けてない??
ふつーに貧相な育ち方ってカンジである。

というコトは
多肉では熊童子だけ何かが起きたというコトか??
謎だなあ・・・
とりあえず、ドコに置いたら良いのかねー???
 
 

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。

写真はクリックすると拡大します。

容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

2010年8月 3日 (火)

ワタシは似てると思う。

ワタシの「遊び場」寄せ植え。
相変わらずちょこちょこと手が加えられてるのだが、
それで見栄えが良くなる訳ではないのが不思議である。
・・・それはともかく、

100802asobiba

ミニミニコニファー(たぶん「レッドスター」)に、
花だか実だかがついてた。

100802coniffer01

コレ自体はもうひと月ぐらい前からあるのだが、
ここんとこビミョーにムラサキに色づいてたりする。

拡大するとこんな感じ↓である。

100802coniffer02

なんとなくベル星人っぽいな・・・


あっ、そういえばもう1種のセダムも6月に咲いてたのを載っけ忘れてたのだ!

100609sedam

・・・はっぱのカタチはちがうけど、
花は殆ど変わらんのだねぇ…
 
 

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。

写真はクリックすると拡大します。

容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!

にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「リーフ」なモノたち | お城好き | そとを見る | アデニウム(砂漠のバラ) | カメ | ゴーヤー | ハーブなど | バラ_China?_国色天香 | バラ_Cl.HybridTea_つるピース | バラ_Floribunda_レオナルド・ダ・ヴィンチ | バラ_HybridKordesii_ドルトムント | バラ_HybridTea_ジュリア | バラ_HybridTea_マダム・ヴィオレ | バラ_HybridTea_黒真珠 | バラ_min_みさき | バラ_min_アムステルダム・フォーエバー | バラ_min_アモーレ・コルダナ(推定) | バラ_min_アンドロメダ | バラ_min_イースターイエロー | バラ_min_カノンと信じたい50円ミニバラ | バラ_min_キスミーmsp | バラ_min_グリーンアイス | バラ_min_サラマンダーシリーズ・ヴィジョン(推定)_ | バラ_min_サンゴ | バラ_min_スカーレット・メイアンディナ(推定) | バラ_min_チュチュ・オプティマ | バラ_min_チューリッヒ・フォーエバー | バラ_min_テディベア | バラ_min_ニューヨーク・フォーエバー | バラ_min_ヘナ | バラ_min_マーズ・オプティマ | バラ_min_リトル・アーティスト | バラ_min_レッドバローム | バラ_min_八女津姫(レンゲローズ) | バラ_Polyantha_レオニーラメッシュ(オレンジモールスダック?) | バラ_Shrub_カクテル(コクテール) | バラ_Shrub_ジュリア ルネッサンス | バラ_Shrub_ヴェスターラント | バラ_Species_「台木用」野バラ | バラ_Species_ロサ・カニナ(ドッグローズ) | マンガ好き | 住まう | 姫スイレンとメダカ池 | 月下美人 | 病虫害 | 花木 | | 野の花道の花スキマの花 | 鉢花 | 音楽

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック