ランキングサイト

  • にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
  • にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
  • 人気ブログランキングへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

« レオ様の変遷 | トップページ | 平安祈念 »

2010年8月11日 (水)

The 剣弁!

前々回の「超小型黒真珠」は翌朝、夜来の雨に濡れそぼっていた。

100809kuroshinju

なんだか安手のペンダントか勲章みたいなカンジ。
花びらは辛うじて6枚?
ほぼヒトエの花になってしまったが、
1枚1枚のカタチはしっかり「剣弁」である。

ふと
「剣弁って、英語でなんて言うんだろ?」
と思ってネットで調べてみたんだけど、よくわからない。

peaked petals と書かれてるトコもあったが、
実際の使用例がみつけられなかった。

誰か詳しいヒト、いないかなー。
 
 

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。

写真はクリックすると拡大します。

容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!


にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ

人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

« レオ様の変遷 | トップページ | 平安祈念 »

バラ_HybridTea_黒真珠」カテゴリの記事

コメント

我が家のバラも暑さで見るも無残な形になってます。それでも健気に咲いてくれる姿に感動します。早く本来のベストな形に戻ってほしいです。

剣弁の英語表記ですか。
『New Roses』の2009年版に出ていた記憶が…。
買いましたよ。うちにあります。どっかにあります。どこだろう?

というわけで、がんばって調べれば出てきますって!
Hirokazuさん、ふぁいとー

近江原人+ サン;

コヨミの上ではもう秋ですからねー。
残暑がいつまで続くのか・・・
ワタシの希望は「春から初夏」がいつまでも続くコトなんですけど


ももサン;

それそれ!
ももサンの過去記事でこの手のハナシがあったハズ、と思って探したんですけど、残念ながらその記事には載ってなかった。

ワタシはソレ買ってないのでどっか行ってさがさないと、ですかねー

See the follwing URL;
http://www.helpmefind.com/gardening/plantFrm.php?f=34#typ29

というわけでー。
「Bloom Form Selection」欄の3列目が花型だと思うんですが…。
「urn-shaped」は直訳すると壺型だけど、これが剣弁咲きに当たるみたいです。確証はないけど。
高芯は「high-centered」でいいですよね。しかし、high-centeredでカップはいいけど、high-centeredでフラットって何っ?!

ただ、「urn-shaped」は「urn-shaped bud」という記述になっているものを多く見かけました。もしかして、蕾のときだけ使うのかな? そんなことないかな。ヒップにも使われてるみたいですからねー。

「urn-shaped」で引っかかったバラのうち、知ってるのは、ダブルディライトとブラックティー、ミスター・リンカーンくらいでした。けど、どれも「半」剣弁高芯咲き…です。

あと、どうやら「Large-Flowered」も剣弁高芯咲きの花に使われる表現らしく(確証はないです)、ピースもそういう表現になってました。単にデカイ花ってわけじゃないみたいな…。『New Roses 2009』にもそんなニュアンスが書いてありますね。

こうやってつらつら調べてみると、「剣弁高芯咲き」をそっくりそのまま置き換えられる英語表記で統一された用語はないのかなー、あんまり「剣弁高芯咲き」にこだわりないのかなー、という気がしてきました。ハークネスのサイトにも花型は書いてないですしねー。

あっ! バラについて詳しく書いてある英語の本で、ラ・フランス登場によるハイブリッドティーの誕生と意義について書いてあるものを、Hirokazuさんが読んでください! きっと剣弁高芯咲きについて書いてあるんじゃないかと。 
ラ・フランス以前は剣弁高芯咲きがなかったわけですからね。

ももサン;

お調べいただき恐悦至極にございますっ

ももサンの「レポート」読んでて思い出したのですが、

「結局、『剣弁』って、日本独自のカテゴライズなのでは?」

っていうのを言おうとしてたのに、肝心の主題を書き忘れてました

helpmefindの分類で言えば、
ほかに「classic hybrid tea」なんてのもアリかも??

身もフタもない言い回しですが
「high-centered, hybrid tea bloom form」
で「剣弁高芯」というコトなのでは?と。

英語の本は…ももサンにおまかせします!

「結局、『剣弁』って、日本独自のカテゴライズなのでは?」に納得です。
「high-centered, hybrid tea bloom form」もアリな感じがしますね! 通じるんじゃないでしょうか。ネイティブ相手にぜひ使ってみてください

『New Roses』には"urn shaped and hight centered"って表現も載ってたんですけど、ざくっとググってもその表現で書いてある文章を見つけられませんでしたー。
ということを書き忘れてました。

ももサン;

ネイティブの知り合い、いません

そもそも「Sword」とか「Blade」とかで検索しても関連が見いだせないんですよねー。
少なくとも「剣」のイメージは日本固有なのかも。

ちなみに「peaked petals」という言い回しは
http://bara.sl.lcomi.ne.jp/archives/article/33946.html
でのみ使われてます。
かなり「フツー」に使われてるので、
何かしら根拠はあると思うんですけど、
ほかで使用例がヒットしないんですよねー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The 剣弁!:

« レオ様の変遷 | トップページ | 平安祈念 »

フォト
2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック