ランキングサイト

  • にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ
  • にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ
  • 人気ブログランキングへ

カテゴリー

無料ブログはココログ

« アイスクリームなバラ(と、安土城模型) | トップページ | 完熟ゴーヤーチャンプルー! »

2010年7月24日 (土)

温帯熱帯どっちも咲いて

姫スイレン「リトル・スー」(のハズ)、
今年2回目の花が開花。

100723ls

「緑のカーテン」が木漏れ日のよーな光をメダカ池に落としてるのがワタシ的には心地良い。
だが、スイレンにとってはどーなのか?
一番陽のあたるトコに植えてるリトル・スーばかり咲いて、ほかの2種は咲く気配まるでなし、である。

100723lsup

あらためて中を覗き込むと、ロイヤルパープルとビミョーに違って内側は花模様みたいなカタチをしてた。

その、ロイヤルパープル(熱帯スイレン)も再び開花。

100722rp

うーむ。今度はあからさまにちっちゃい花だなあ。

100723rp

翌日。さらにもう一個ツボミが顔を出してるが、
さすがにもうよっぽどのコトが無い限りコイツの写真はアップされないだろうなあ。
 
 
おまけ:リトルつながりで…

100713la

リトル・アーティスト。

コレも一時の悲惨な状態からよくぞここまで!というくらいに回復した。
水ゴケマルチにしたヤツは概ね好調…
水ゴケがイイのか、
それまでのマルチング材が菌まみれだったのか…?
 
 

*このブログは、1台のカメラでちょこっとズラして撮った写真を並べて「立体視」する「ステレオ写真」で、日々の園芸作業(というよりは、「作業しなかった結果」が多いが)とかを綴るブログです。

写真はクリックすると拡大します。

容量と手間の都合で、全て「交差法(クロス法)」での立体視となります。

ステレオ写真の見方がわからない、うまくいかない、という方は、旧ブログ内の「ステレオ写真の見方」を参照してね!


にほんブログ村 写真ブログ 立体写真へ

にほんブログ村 花ブログ バルコニーガーデンへ

人気ブログランキングへ  ↖このへんクリックされると喜びます♪

« アイスクリームなバラ(と、安土城模型) | トップページ | 完熟ゴーヤーチャンプルー! »

姫スイレンとメダカ池」カテゴリの記事

バラ_min_リトル・アーティスト」カテゴリの記事

コメント

このページ始めて見ました。すごいソフトですね。
花がまわりの葉よりへこんで見えるのですがどう撮影したのですか?
普通の立体写真と違う。

六サン;

いらっしゃいませ、
ご覧いただきありがとうございます♪

えー、特にステレオ写真用のソフトというのは使ってないので、キホンは3センチぐらい水平にズラして撮った写真を2枚並べてるだけです。

>花がまわりの葉よりへこんで見える

 えーっ!?
もしかして「平行法」でご覧になってるというコトは無いでしょうか??
4枚目の写真はちょっとビミョーだけど、
いちおーどれも葉っぱより出っ張ってるハズなんですよねー…

リトル・アーティストは普通に咲いているように見えます。でも、ここまで来る過程がきっと大変だったんでしょうね。
葉っぱの色にそんな雰囲気が…。

ももサン;

過程と云ってもワタシはただオロオロしてただけなんですが…
でも真冬のよーな裸木の時期がしばらく続いたので、葉っぱがちゃんと開いただけでも感激!
…まあ、もともとは冬の間の無為無策が招いた危機ではあるんですけどね。

平行法とは?
左は左目、右は右目で見てますが、

航空写真立体図化機で地図を描いてきた六です。同じ原理ですね。私のデジカメで撮ってブログ
http://d.hatena.ne.jp/negisi6960/20100223/1266907113


富士フィルムのステレオカメラ
http://fujifilm.jp/personal/3d/index.html

http://finepix.com/3d/jp/special/index.html#/movie

立体写真を撮ろう
http://photo3d.hp.infoseek.co.jp/3d-00.htm

むっちゃんのHP
http://stereo.jpn.org/muttyan/

お気楽さんの3D生活 こんな立体表示法があるのですね。
http://okiraku3d.qee.jp/

六サン;

>左は左目、右は右目で見てますが

あ、やっぱり!
それ、「平行法」ですね!

ウチの場合は「交差法」なので
左は右目、右は左目 で見てください!

参考までに「STEREO eYe」さんによる解説ページ(の、目次)
http://www.stereoeye.jp/howto/index.html

と、ワタシの書いた「交差法の見方」ページ
http://pirologue.cocolog-nifty.com/blog/cat7239434/index.html
です。

>航空写真立体図化機で地図を描いてきた

 って、ワタシの秘かに憧れてたシゴトではないですかぁ!かっこいいなあ!
以前TVでちらっと紹介された事があって、そのプロフェッショナルな姿にホレボレしたものです
航空写真も、びっくりするほど立体感が強調されるので、見るの大好きですよー♪


交差法ですか。わざわざ交差法にしなくても。会社で一人交差法でしか実体視出来ない人いましたね。逆実体 交差法は私は出来ません。
航空写真立体図化機のオペレーターで長年うんざりするほど図化してきましたね~
国土地理院の1:25、000地形図や1:2,500国土基本図などなど
前はスイス製のアナログ機械を使っていましたが、いまは航空ネガフィルムをスキャナーしてデジタル図化機になっていますね。
全国の航空写真測量会社が参入して1:25,00地形図を10年で日本全国を作っちゃいましたね。

Hirokazuさんはどちらの方ですか?
わたしは1940年生まれのジジです。王貞治と同い年です。月とスッポンえらい違いで王さん気を悪くするでしょう。長野市松代町在

もと国土地理院の監督員のブログ

http://kaempfer.at.webry.info/

六サン;

>わざわざ交差法にしなくても
 
うーん、ホントは両方のせたいトコなんですが、ワタシの個人的な感覚で、モニタ上で凝視するには交差法の方が向いてるかな、と…

六サンも交差法やってみて下さい!
平行法と比べると小さく見えますが、
立体感もすこし違います。
より「うそっぽい」感じかな

ワタシは東京生まれの横浜育ち、川崎在住。ただし両親はともに高知出身なので親戚ほとんど土佐弁です(あんまり「ぜよ」とか聞かないけど)。

またまた米ント
江戸・横浜ですか。

信州松代藩がなぜ横浜警備に?

松代藩と黒船来航
http://itv-nagano.com/cnagano/keinf/mov_66.html

愛TVながの インターネットテレビ局
http://itv-nagano.com/cnagano/keinf/mat.html#008

六サン;

リンク先は開けなかったのですが(マスコミ系サイトに多い、Macで観られない動画)、幕末+松代と云ったら佐久間象山ですもんねー。

あれ Macで観れないのですか。それは残念ですね。どこかのWindowsでみれないですか?

六サン;

プラグインをダウンロードしてMacで観られるよーにしました。

あー、いきたいなあ、松代!

そうですか。よかったですね。
高知といえば坂本竜馬。ジョン・万次郎もそうですかね。アメリカ事情に詳しい万次郎の助言が幕府に通商条約や開国を決断させたようですね。

松代は今年、築城450年祭。 来年、佐久間象山200年祭です。
松代城は最初の平城で後ろが山に囲まれ前が千曲川で自然の要塞になっていて簡素な城です。

松代イヤー
http://www.matsushiro-year.jp/

エコール・ド・まつしろ
http://www.matsushiro-club.jp/

六サン;

あ、ナルホド、佐久間象山は1811年生まれなんですね!
友達にはしたくないタイプだけど、面白いヒトですよねー♪

またまたコメント 面白いサイト発見

さすが~真田幸村の子供達を救った伊達政宗も伊達じゃないっすね~

徳川の天敵 真田幸村の生涯
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/haka-topic31.html

六サン;

仙台真田家のコトは知りませんでした。
幸村(信繁)の子孫が現代までつながってるのか!と思ったら、途中で養子が入ってるんですね。惜しい!

ずっと昔に見たTVの「真田太平記」は面白かったなあ。

またまた米米
真田信繁って誰?と前に思いました。
武田典厩信繁の間違いではと思っていましたが幸村の親父さんが信玄の弟の信繁にぞっこん惚れて次男の幸村を信繁と名付けたそうです。
川中島の戦いで戦死した武田典厩信繁の菩提寺は川中島古戦場近くの典厩寺です。兄の真田信之が松代に移封されたとき荒れていた典厩寺を建てなおしたそうです。

あ、そうだ。いまの松代の真田家14代当主の真田幸俊さんは伊達幸俊と二つの名前をお持ちですよ。伊達政宗の末裔だそうです。今も仙台に真田幸村の末裔がいるそうです。
真田十万石祭りには毎年東京から行列に登場します。

真田幸俊ウィキぺディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E5%B9%B8%E4%BF%8A

六サン;

幸俊さんは宇和島の名君伊達宗城の系列なんですね。

ところで…交差法、チャレンジして頂けました??

え!宇和島ですか?
松代に恵明寺があります。
豊姫=あんず姫といわれる。

第3代松代藩主
真田幸道公の奥方

豊姫は伊予宇和島藩主伊達宗利公(仙台藩祖伊達政宗公の孫)の息女で、万治2年12月10日(1659年)江戸邸で生まれる。
延宝元年7月26日(1673年)15歳にして、幸道公(17歳)に嫁ぐ。
豊姫が実家から「鉢植の杏あんず」を取りよせ愛賞されていたことがあって、これが杏の樹が松代に来た始めであると言われている。
以来、杏が薬用樹として松代藩の殖産興業の一つとして藩内に広く採植されるに至った。
享保18年7月5日(1733年)75歳にて卒。

Hirokazuさん
交差立体視はわたしに出来ません。
ノーマルに平行法も載せて下さい。
宇和島の伊達宗城とはどんな名君なのでしょうか。歴史にお詳しいようで。ひろかずさんはお幾つでどんなお仕事をされているのですか?

六サン;

毎回の記事の末尾や「見方の説明」にも書いてますが、容量と手間の都合で平行/交差の両タイプを載せるのはキツいです。そして、立体視できないヒトのコトを考慮すると交差法の方が元画像を大きめにできるので良いかな、と思ってます。
なので、申し訳ありませんが現行のままとさせて頂きます。
*このあとの8月1日アップの記事だけは、特別に平行法も載せました♪

伊達宗城、名君とは持ち上げ過ぎかもしれませんが、
高野長英や村田蔵六(大村益次郎)を登用して近代化を推し進め、純国産の蒸気船を初めて作るなど開明的な殿様で、幕末の「四賢侯」のひとりでした。

ワタシについては、内緒!です
まあ親子ぐらいの年の差でしょうか(もちろんワタシが「子」のほう!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温帯熱帯どっちも咲いて:

« アイスクリームなバラ(と、安土城模型) | トップページ | 完熟ゴーヤーチャンプルー! »

フォト
2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック